大阪府のコクワガタ採集スポット3選!コクワガタは何時にどこにいる?有効な仕掛けは?

クワガタ・カブトムシ・昆虫採集
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

夏と言えば様々な楽しみ方がありますが、特に男の子が好きな遊びは昆虫採集ですよね!よく大きさや力比べしたりするのを見たものです。今は店頭でも買える時代になりましたが、やっぱり自分で捕まえたときの嬉しさは大人になっても覚えているものですよね。

コクワガタは他のクワガタとくらべると小ぶりで、めずらしいクワガタではないので注目されることがありませんが、オスの大あごはやっぱり格好良くて魅力的!

今回はそういった方や今年の採集場所を探している方に向けて、コクワガタ採集のための情報やトラップの作り方、そして大切な採集場所をご紹介していきます!

スポンサーリンク

コクワガタ採集に行こう!コクワガタのベストな採集時期や時間帯は?仕掛けはどこに・いつに?

コクワガタとはどんなクワガタ?

コクワガタとは、「小さいクワガタムシ」という意味です。

コクワガタは丈夫で飼いやすく、環境を整えれば家でも冬を越せます。個体数が多いので、とてもなじみ深いクワガタムシ。黒色で、やや光沢があります。

日本全国にある小さな雑木林でも、逆に大きな都市公園でも見つけることができます。日中は樹木の根元の土などに隠れていて、夜になるとクヌギ、コナラなどの樹液に集まってきます。

コクワガタのオスとメスの違いは?

コクワガタのオスとメスは大きな顎の違いで分かりやすいですが、「ヒラタクワガタ」とは比べるとよく似ていて、特にメスは難しい!そこで比較する方法を紹介します。

まずヒラタクワガタとコクワガタの「オス」の違いは顎の内側を見ると分かりやすいです。

・「ヒラタクワガタ」のオスは「顎の内側の歯が真ん中より下で、ギザギザがある」のが特徴
・「コクワガタ」のオスは「顎の内側の歯が真ん中より上で、ギザギザがない」のが特徴

続いてメスの見分け方ですが、
・「ヒラタクワガタ」のメスは「光沢があり、前足が弓なりで太くなっている」のが特徴。
・「コクワガタ」のメスは「光沢がほとんど無く、前足も直線的」

特にメスは難しいので、詳しい人に聞いてみたほうが間違いないかも知れません。

(動画)昆虫採集ヒラタクワガタとコクワガタの簡単な見分けかた!

昆虫採集ヒラタクワガタとコクワガタの簡単な見分けかた!

クワガタの採集時期は?

時期はだいたい5月から9月だと言われています。最も活動が多くなるのは6月~8月です。

どんなところに生息している?

コクワガタは基本的には雑木林で生活しています。夜になるとクヌギ、コナラなどの樹液に集り、日中は樹木の根際の土中などに潜んでいます。

自分より体の大きな他のクワガタやカブトムシと出会わないように、樹皮の裏などに隠れている事が多いです。

採集する時間帯は?

コクワガタは基本的には夜行性ですが、日中に活動している事も多く採集は充分可能です。

仕掛けはどこに・いつに?

仕掛けを作らなくても大丈夫!街灯や自動販売機の明かりなど、夜間に明るい場所へ行ってクワガタを採集したり、日中は樹木の根本や、樹皮の裏を確認するだけで捕獲することができます。

大阪府のおすすめコクワガタ採集スポット3選 その1:津之江公園

大きな池が整備されていて、昆虫採集や野鳥など観察するのに最適です。静かな公園でゆっくりできそうです。遊具もあるので、お子さんと一緒に散策しながら昆虫を探してみてはいかがでしょうか。

住所:大阪府高槻市津之江町2丁目地内
料金:無料
定休日:常時開設
アクセス:市営バス「城西橋」下車 徒歩10分
駐車場 なし

大阪府のおすすめコクワガタ採集スポット3選 その2:羽鷹池公園

ゆったりとした作りの園内には「羽鷹池」があり、昆虫だけではなく野鳥などの様々な生き物も見られます。遊具や芝生の広場もあるので、たっぷりと体を使いたい子どもにも大満足してもらえますよ。

大阪モノレール「少路」駅より徒歩5分でアクセスも文句なしです。

住所:大阪府豊中市少路1丁目地内
営業時間:常時開放
アクセス:大阪モノレール「少路」駅下車。北西へ徒歩5分
駐車場:なし

大阪府のおすすめコクワガタ採集スポット3選 その3:中村公園

木々が多く昆虫を探すのも最適な中村公園。

広いグラウンドがあるので思い切り走り回ったりできる大人気の公園です。カラフルな複合遊具や木製の複合遊具があり、見通しも良い広場なので遊ばせていても安心です。小さな子どもたちには、どんぐり拾いもおススメですよ。

住所:大阪府茨木市中村町
営業時間:常時開放
アクセス:阪急京都本線 茨木市駅より徒歩9分
駐車場:なし

大人気!コクワガタを探してみよう!

コクワガタの採集方法、大阪府編いかがでしたか?
今までの内容をまとめます。

①個体数が多く、日本全国で見つけることができる。
②オスは顎の内側の歯が真ん中より上で、ギザギザがない
③メスは光沢がほとんど無く、前足も直線的
④最も活動が多くなるのは6月~8月
⑤日中は樹木の根本や樹皮の裏を、夜は光の集まる場所を確認
⑥大阪府は「津之江公園」「羽鷹池公園」「中村公園」

ネット上で「クワガタが採れる場所」を検索してもWEBやテレビ、メディアや媒体では具体的な場所は教えてくれないのです。それだけクワガタは人気が高いのです。生態系を守るという意味もあるのだと思います。

人気のある場所へ行くのもいいですが、新たな採集の地を探すのも、自分だけのクワガタ秘密基地を探すみたいで楽しいですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました