横浜(神奈川県)のカブトムシ採集スポットト3選!カブトムシは何時頃にいるの?仕掛ける時間や場所は?

カブトムシ採集
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

都会でカブトムシを捕まえたい!だけど都会ってカブトムシしるの?なんて思う方もいると思います。

今回は横浜市周辺のお子さんと一緒に行けるカブトムシに会える&捕まえられるスポットをご紹介していきます!

スポンサーリンク

カブトムシ採集に行こう!カブトムシのベストな採集時期や時間帯は?仕掛けはどこに・いつに?

夏休みはカブトムシ採集にいくなら絶好のベストシーズンです。

7月~8月中旬に活発に動き出すカブトムシを捕まえて夏休みの自由研究観察日記を書いてみるのもいいですね♪

カブトムシは夜行性なので20時~6時までの薄暗くなった頃に起きて活動し始めます。

木の樹液などが好きなのでトラップなどを木に括り付けて仕掛けるのもその時間帯を狙ってみましょう。

横浜(神奈川県)県のおすすめカブトムシ採集スポット3選 その1:金沢自然公園

横浜で一番自然豊かな公園です。

広い園内にはカブトムシ以外の昆虫もたくさんいるので散策だけでも楽しめちゃうのがおすすめの理由です。

ウッドチップを見つけたらカブトムシが集まっている可能性大です!ごそごそしてみてください。

<アクセス>

住  所:〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1

電話番号:045-783-9100

営業時間:9:00~17:00

駐  車 場:正面駐車場、高速側駐車場 (2ヶ所とも一回につき600円)

交通機関:金沢文庫駅から徒歩約30分

<公式サイト>

金沢自然公園
金沢自然公園は、周囲を金沢市民の森や自然観察の森・氷取沢市民の森など横浜市最大級...

横浜(神奈川県)のおすすめカブトムシ採集スポット3選 その2:新治市民の森

横浜 カブトムシ 新治市民の森

ここは『北の森』と言われている緑地帯です。

カブトムシが好きな木のひとつ、クヌギの木がたくさん生えているのでその樹液にたくさんのカブトムシが集まってきます。

トラップを仕掛けるならこの木がおすすめです。

ペットボトルトラップなどを一緒に作って設置してみるのもいいですね♪

仕掛けたトラップの回収は忘れずに!

探索用の道はありますが、森の中は薄暗いので懐中電灯を持って足元に気を付けながら探索しましょう。

<アクセス>

住  所:〒226-0017 神奈川県横浜市緑区新治町1175

営業時間:日の出から日没まで

駐  車 場:無料駐車場有り、付近にパーキングエリア有り

交通機関:横浜線 十日市場駅から徒歩20分

<公式サイト>

市民の森・ふれあいの樹林ガイドマップ

横浜(神奈川県)のおすすめカブトムシ採集スポット3選 その3:こども自然公園

この公園にはカブトムシが大好きなクヌギコナラの木がたくさん生えています。

トラップを仕掛けることはできませんが、必ずと言っていいほど高確率でカブトムシに会うことができるスポットです。

色々なスポットに行ったけど捕まえられなかった時はここに来てみてください。

カブトムシに出会えるほかにアスレチックもあるのでお子さんと楽しく体を動かすのにぴったりな場所です。

<アクセス>

住  所:〒241-0834 神奈川県横浜市旭区大池町65-1

電話番号:045-353-1160

駐  車 場:4箇所有り (2時間300円。以降は20分50円)

交通機関:相鉄線 南万騎が原駅から徒歩10分、相鉄線 二俣川駅から徒歩20分

<公式サイト>

こども自然公園

まとめ

横浜 カブトムシ 家族

いかがでしたか?

横浜にはお子さんと一緒にカブトムシ取に出かけるのにぴったりな場所が他にもたくさんあります。

カブトムシは夜行性なのでどうしても暗い時間帯の探索になってしまうので、懐中電灯を忘れずに持って行きましょう。

懐中電灯を持つとどうしても片手がふさがってしまうので、もしも転んでしまった時に心配だという時は頭に付けるタイプの物を用意すると受け身もとれますし、両手が自由になるので探索もしやすくおすすめです。

お子さんの肌は敏感なので枝の擦れ傷からばい菌が入ってしまったりします。

虫刺されの対策も踏まえて素肌をあまり出さない格好で探索に出かけましょう。

怪我の無いように楽しく探索しましょう♪

コメント

  1. 佐藤 より:

    横浜の市民の森では昆虫採集は禁止されているようですね。子供連れて行こうと考えてたんですが残念。

タイトルとURLをコピーしました