いじめ防止ポスターの標語・言葉アイデア4選!メッセージ、ことわざ、英語など

夏休みの宿題
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ポスターの言葉や標語の書き方を調べている人は多いでしょう。どんな言葉が一般的なのか、どんな内容であればいいのかなにも材料がない状態で考えるのは難しいですよね。

意外と、いじめ防止ポスターの言葉は自由にチョイスできるので、誰でも分かりやすい言葉を考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

いじめ防止ポスターの標語・言葉アイデア4選! その1:メッセージ編

メッセージ系で標語は、長すぎるとNGですが、長さに制限がないので、言いたいことをコンパクトにまとめて、全て伝えることができます。つまり、一番自由に言葉を並べられるので、一番選びやすいと思います。

長くても、響く言葉であれば問題ありませんし、逆に短い言葉で全てが伝わるのであればそれもまた良い言葉のチョイスでしょう。

・見逃さない、助けてのサイン
・皆で守ろう、思いやりの心
・いっしょに行こう、その一言が救いの言葉
・大丈夫?ではだめ、いっしょに遊ぼうが言える勇気を
・みんな違って、みんな良い

青森県 平成29年度いじめ防止キャンペーンCM「わたしたちの標語」

青森県 平成29年度いじめ防止キャンペーンCM「わたしたちの標語」

いじめ防止ポスターの標語・言葉アイデア4選! その2:言葉編

1文字、2文字などの言葉でも、十分に伝えたいメッセージは伝えられるものです。シンプルで分かりやすいので、ポスターとしても多いと思います。

ただ、1文字程度だと絵で深い意味を伝えないといけないので、絵が苦手な人にはハードルが高いと思います。絵に自信があるのであれば、2文字くらいの言葉にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

・言う勇気、助ける勇気
・言葉と行動
・優しい心
・笑顔

加害者編 「いじめ根絶!Youtube動画プロジェクト」Ijime,Bullying

加害者編 「いじめ根絶!Youtube動画プロジェクト」Ijime,Bullying

いじめ防止ポスターの標語・言葉アイデア4選! その3:英語編

シンプルなフレーズで英語らしく直接的な表現で訴えるのはいかがですか?分かりにくい長い言葉よりも、短い言葉の方が誰にでも分かりやすいのでおすすめです。

ただ、英語はいじめ撲滅ポスターに用いる言語としては不適切です。なので、あまりおすすめはしません。

・Let’s stop いじめ
・Be brave, be kind
・I want to stay with you.
・I need to help!

いじめ防止教育ビデオ(第1章/全3章)いじめのことを知ろう

いじめ防止教育ビデオ(第1章/全3章)いじめのことを知ろう

いじめ防止ポスターの標語・言葉アイデア4選! その4:いじめダメ!などストレートなメッセージ編

やっぱり、いじめを絶対に許しちゃいけないと訴えられるように、ストレートな言葉でちょっと強い言い方をするのは大切ですよね。ポスターを見た人がどきっとするような内容であれば、ポスターを書いた甲斐がありますからね。

自分と同じ年齢の人達にいじめについて考えてもらえるように、自分のクラスについて見つめ直してもらえるような言葉を選ぶのもいいでしょう。

・やめよう、いじめ!
・黙ってないで、助けなよ!
・いじめって楽しいの?
・誰とでも仲良くできる方がかっこいい!

【勉強法】いつも以上にうまくかける!?夏休みのポスターの描き方!【アート】

【勉強法】いつも以上にうまくかける!?夏休みのポスターの描き方!【アート】

最後に

どんな学校であっても、クラスに一人は絶対にいじめられている人や仲間外れにされている人がいるものですよね。そんな人に向けて言う言葉を考えてもいいですし、いじめている人や自分に対して言いたい言葉を選ぶのもいいでしょう。

身近なシチュエーションを利用して言葉を考えることで、誰の心にも強く響く言葉になると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました