お盆のお墓参りは午前中に行くのが作法?午後に行くのはマナー違反?行ってはいけない日は?

お盆・お墓参り・帰省
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

お盆のお墓参りに関するいろんな噂がありますよね。中でも、有名なのが、午前中に行かないといけないというものではないでしょうか?夜に行ってはいけないとか、一人で行ってはいけないとかいろいろありますが、ことの真相はどうなのか、気になりますよね?

スポンサーリンク

お盆のお墓参りは午前中に行くのが作法なの?最適な時間帯は?

基本的には、お墓参りの時間を優先させると言う意味で、午前中に行くのがよいとされています。地域によっては、午前中に行かないと、霊が憑いてしまうという話もあるそうですが、これも墓地は灯りがない場所なので、暗くなってから行ったら危ないからという理由があるからだと思われます。

さらに、お墓参りをほかの用事の後に回すと言うのはよくないという観点から、午前中に行くことが推奨されていると考えられます。

ですが、私の祖母の家では、親戚もみんな集まり、涼しくなった夕方に毎年、お墓参りに行っていました。夏休みなので、浴衣を着て、いとこやはとこといっしょに田んぼ道を歩いたものです。

なので、真夏になるお盆の時期は涼しくなる夕方に行くのもアリだと思います。親戚も揃いやすいですし、夏ということで日が落ちるのも遅いですから、夕方でもまだ暗くないので、掃除もしやすいですよ。

事情があって、お墓参りに行けないときのマナー。

事情があって、お墓参りに行けないときのマナー。

お盆のお墓参り、夕方に行くのはマナー違反?

 

上記でも話した通り、お墓参りに行かないよりも行った方がずっといいので、なんなら、夜に行ってもおかしくありません。

長崎市ではお盆には、親戚や家族が集まって、夕方から夜にかけて、お墓の前でみんなで花火をします。そんな風習がある地域では夕方からのお墓参りが当たり前なので、夕方から行ってもマナー違反にはならないでしょう。

ただ、古い墓地であり、足場が悪く、暗い場所ならば、なるだけ明るいうちに行かれた方が良いかもしれませんね。さらに、最近は霊園や墓地で、墓参りが可能な時間が決められている場所もあるので、そのルールに従った方がいいでしょう。

お盆のお墓参り、行ってはいけない日はある?雨の日は?

お盆のお墓参りの場合は、注意しないといけない日があるのをご存知ですか?お盆にはご先祖様が家に帰ってきている時期があります。その時にお墓に行っても、行き違いになってしまいます。

基本的には、お盆は8月13~16日までです。その中で、13~14日の間はご先祖様が家に戻ってきている時期とされています。

ただし、地域によっては、13日にご先祖様をお墓にお迎えに行く必要があるとしている場合もあります。この場合は、13日のお墓参りは必須となりますね。

ちなみに、仏滅や友引は婚礼や葬儀などを避けますが、お墓参りには関係ないとされているので、実質的にはお墓に行ってはいけない日はないとされています。

雨の日は、線香の日が消えやすいですし、掃除も意味を持たないでしょう。なので、行かない方がいいと思われがちですが、線香は雨でも火をつけて供えましょう。

なぜなら、煙はご先祖様のごはんとされており、墓石に水をかけるのは、掃除ではなく、餓鬼道に落ちているかもしれないご先祖様がのどを潤せるようにという意味でかけているからです。

お墓参りはやっぱり家族揃って行くもの? ひとりで行ってはいけないは迷信?

お墓参りは、なるべく家族みんなで行きたいものですよね。地域によっては親戚も集めて、ぞろぞろと行くものでしょう。ですが、一人で行ったからといって、それがマナー違反になるということはありません。よくドラマなどで一人で行く人がいますよね?なんら変なことではないことが分かると思います。

ただ、昔から迷信があり、一人で行くと霊が取りついてしまうとか、神隠しにあってしまうというだけのことです。

確かに、昔の墓地は暗かったでしょうから、神隠しという名の犯罪に巻き込まれる可能性があったでしょうし、土葬だったために伝染病が蔓延っており、病気になったりしていたことでしょう。ですが、現在はそんな迷信を信じる人はいないでしょうから、一人で行っても大丈夫です。

【お墓の豆知識】お線香・ろうそくの立て方

【お墓の豆知識】お線香・ろうそくの立て方

最後に

 

昔からの迷信が長く受け継がれているパターンは多いみたいですね。確かに、昔は危険だったかもしれないことも現代では、環境が異なるので、問題ないことも多いと思います。

そもそも、何かを恐れてお墓参りに行かない方が、ご先祖様に悪いですよね。最近は墓参りの代行まであるんですから、噂を気にせずに、行ける時に自分で行くのが一番大切だと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました