お墓参りの服装の正解は?ビーチサンダルやサンダルでお参りしてもいいの?服装のマナーは?

お盆・お墓参り・帰省
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

どんなことにもルールがありますが、年に一度、行くか行かないかのお墓参りのルールは、特に難しいですよね。皆さんは正しいお参りの仕方をご存知ですか?

特に、悩みがちなのが、服装ですね。普段着で行く人が多いと思いますが、どこまでがセーフなんでしょう?

スポンサーリンク

お盆のお墓参り、ビーチサンダルやサンダルでお参りはNG?

ビーチサンダルやサンダルというと、ラフな印象ですね。ビーチサンダルは特に、ラフなイメージがあるので、お墓参りではあまりおすすめできません。しかし、おしゃれなサンダルであれば、最近は夏の履物として定番なので、ダメだとは思いません。

しかし、墓地は砂利が敷いてあり、足場が不安定なことが多いので、ヒールが高い物や足元が不安定になりやすい物はおすすめできませんね。

また、お墓の掃除をする際に、墓石の周りに水を撒くので、とても滑りやすくなります。なので、一番いいのは、スニーカーですね。

お盆のお墓参り、ジーパン、短パン、Tシャツ、タンクトップはマナー違反?

お盆のお墓参りは初盆であっても、普段着で問題ないでしょう。お墓参りは、思い立った時に行って構わないケ(日常)の行事と言われています。なので、普通のお盆のお墓参りであれば、普段着で全く問題ありません。Tシャツにジーンズで良いと思います。

ただ、女性は、肌の露出が多い恰好は少し控えた方がいいでしょう。真夏ですから、涼しい恰好をして行きたいと思うでしょうが、タンクトップに短パンはちょっと肌の露出度が高すぎます。タンクトップにジーンズ程度にしておくと良いでしょう。ミニスカートは、お墓の前でしゃがんだりすることも多いので、NGですね。

家族や親せき以外にも他の家族の眼があるので注意して、動きやすいジーパンや七分丈のパンツにしておくと良いでしょう。

お盆のお墓参りの時に日傘はNGなの?帽子は?

最近の猛暑対策から、お盆のお参りをするときには、日傘が推奨されています。長時間、直射日光を浴びることになりがちなので、日傘が重宝します。なので、お墓参りに日傘を利用すること自体はNGではありません。しかし、墓石前で、手を合わせる時は、一度、閉じた方がいいでしょう。

また、お墓参りでは、故人への礼儀が大切ですから、墓石の前で手を合わせる時には、帽子も脱ぐようにしましょう。真夏なので、日射病対策として、帽子を被っていく人は多いと思います。

お墓参り自体は、帽子がNGというわけではないので良いのですが、やはり、手を合わせる時は脱ぎましょう。帽子を被ったまま、相手に頭を下げるのは失礼だと言われていますよね。それと同じことです。

服装だけじゃない!気をつけたいお墓参りのマナーとは?

お墓参りで気を付けたいマナーは、まず、お墓参りを優先するために、午前中に行くようにすることです。何かのついでにならないように注意しましょう。

また、お墓の写真をむやみに写真に撮ったり、SNSにアップしないようにしましょう。特にSNSにアップするのは、かなり不謹慎なことなので、炎上してしまうことがあります。また、墓地には他の家族のお墓もあるので、個人情報の観点から、他の家族のお墓を写真に撮らないように配慮した方がいいでしょう。

お墓参りでは欠かせないお線香は、ロウソクに火をつけて、その火で線香に火をつけるようにしましょう。直接、ライターでつけがちですが、これは間違いだそうです。また、ロウソクの火は手で扇いで消すようにしましょう。口で吹いて消してはいけませんよ。

初盆のお墓参り

初盆のお墓参り

最後に

 

普段着でよいとされているお墓参りでも、詳しく調べてみると、やはりいくつも制約があるものですね。何も考えずに選んでしまう色も、少し考えた方がいいな、と思いました。

また、外に長くいるので少しでも涼しい恰好をと、短パンで行きがちでしたが、今度からは七分丈くらいにしようと思いました。皆さんも、考え直した箇所がありましたか?ぜひ、参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました