お墓参りの服装の正解は?ジーパン・サンダル・Tシャツはマナー違反?日傘はさしてもいいの?

お盆・お墓参り・帰省
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

お墓参りの作法は調べるといろいろ出てきます。年に何度も行う人は悩むことがないでしょうが、あまり行かない人は疑問に思うことが多いですよね。特に悩むのが、服装ではないでしょうか?どんな服装がNGで、どんな服装ならOKなのか、細かくまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

お盆のお墓参りの服装マナー、やっぱりジーパンはダメ?ショートパンツは?ミニスカートは?

お盆のお墓参りは初盆であっても、普段着で問題ないでしょう。お墓参りは、思い立った時に行って構わないケ(日常)の行事と言われています。なので、普通のお盆のお墓参りであれば、普段着で全く問題ありません。Tシャツにジーンズで良いと思います。

ただ、女性は、肌の露出が多い恰好は少し控えた方がいいでしょう。真夏ですから、涼しい恰好をして行きたいと思うでしょうが、タンクトップに短パンはちょっと肌の露出度が高すぎます。タンクトップにジーンズ程度にしておくと良いでしょう。ミニスカートは、お墓の前でしゃがんだりすることも多いので、NGですね。

家族や親せき以外にも他の家族の眼があるので注意して、動きやすいジーパンや七分丈のパンツにしておくと良いでしょう。

お盆のお墓参り、ビーチサンダルやサンダルでお参りはNG?

ビーチサンダルやサンダルというと、ラフな印象ですね。ビーチサンダルは特に、ラフなイメージがあるので、お墓参りではあまりおすすめできません。しかし、おしゃれなサンダルであれば、最近は夏の履物として定番なので、ダメだとは思いません。

しかし、墓地は砂利が敷いてあり、足場が不安定なことが多いので、ヒールが高い物や足元が不安定になりやすい物はおすすめできませんね。

また、お墓の掃除をする際に、墓石の周りに水を撒くので、とても滑りやすくなります。なので、一番いいのは、スニーカーですね。

お盆のお墓参り、Tシャツやタンクトップなど肌の露出はそもそもダメなの??

肌の露出が大きい服装は、お墓参りには不相応ですね。肌の露出度が高い服を、冠婚葬祭では着ませんよね。露出とともにNGなのが、派手すぎる色合いの服装です。また、きらびやかすぎる服装もNGと言われています。

やはりお墓参りは、故人を惜しむ時間なので、明るい色合いよりも落ち着いた色合いのものが良く、キラキラした服装よりも、控えめな服装の方が好まれます。

いろんな人の眼があるお墓参りですから、なるだけアクセサリーはつけずに、大きな腕時計なども墓石を傷付けるので、ポケットにしまって、出かけた方がいいでしょう。

お墓参りの仕方

お墓参りの仕方

お盆のお墓参りの時に日傘はNGなの?帽子は?

最近の猛暑対策から、お盆のお参りをするときには、日傘が推奨されています。長時間、直射日光を浴びることになりがちなので、日傘が重宝します。なので、お墓参りに日傘を利用すること自体はNGではありません。しかし、墓石前で、手を合わせる時は、一度、閉じた方がいいでしょう。

また、お墓参りでは、故人への礼儀が大切ですから、墓石の前で手を合わせる時には、帽子も脱ぐようにしましょう。真夏なので、日射病対策として、帽子を被っていく人は多いと思います。

お墓参り自体は、帽子がNGというわけではないので良いのですが、やはり、手を合わせる時は脱ぎましょう。帽子を被ったまま、相手に頭を下げるのは失礼だと言われていますよね。それと同じことです。

最後に

お墓参りは基本的に、喪服で行く必要はないですが、派手な色合いや夏に着がちな露出度が高い服はNGなので、難しいですよね。足場も悪いので、なるだけスニーカーがいいですし、掃除をするので、濡れたり汚れたりを考慮して、あまりかっちりした服は選べません。

なので、派手過ぎず、動きやすく、汚れてもいい服で行くと良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました