お盆のお墓参り妊娠中は行ってはいけない?赤ちゃん連れはダメ?生理中は?

お盆・お墓参り・帰省
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

お墓参りに妊婦が行ってはいけないということを聞いたことがありますか?初耳だと言う人もいるでしょうが、昔からよく言われていることなんだそうです。

なぜ、そのように言われているのか気になる人はぜひ本文をチェックしてください。ちなみに、生理中や赤ちゃん連れはどうなのか、合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

お盆の帰省時。妊娠中はお墓参りに行ってはいけないって本当?

妊婦はお墓参りに行かない方がいいというのは、古い人ならよく頭によぎるものだと思います。なぜ、そんなことを言うのかですが、昔からお葬式やお墓に妊婦を近づけない習わしが日本にあるからだそうです。そういった死がある場所に妊婦が行くと、赤ちゃんを死の世界に連れて行かれると信じられていたそうです。

さらに、大昔は日本の埋葬方法は土葬でした。現在は火葬と決められているので、大丈夫なのですが、土葬だった時代は墓地には伝染病が蔓延することもあったようです。なので、妊娠中で免疫力が低くなっている妊婦さんが墓地に行くと、病気になりやすく、母体にも赤ちゃんにも危険が及ぶことから、墓参りも懸念されていたようです。

現代では、誰もお墓やお葬式に行ったからといって、死者が赤ちゃんを連れて行くとは信じていませんし、墓地も火葬されているので、伝染病が発生することはない安全な場所なので、妊婦さんがお墓参りに行ってもなんら問題ありません。

妊娠中のお墓参り時にはお腹に鏡をいれれば大丈夫?

全く問題ない妊婦のお墓参りですが、それでも気になる人は、昔からあるおまじないを試してみてください。それは、服の中に手鏡を入れておくと言うものです。とってもシンプルですが、これで死者が赤ちゃんを死の世界に連れて行くのを阻止できます。

鏡は古来から、死者を跳ね返す力があると信じられているアイテムなので、お腹に鏡を置いておくことで赤ちゃんを守ることができると信じられているんです。

お葬式の時でも使えるおまじないなので、気になる方は用心して、手鏡を持って行くようにするといいでしょう。

お墓参りに赤ちゃんを連れて行ってはダメなの?その理由は?

赤ちゃんを墓地に連れて行ってはいけないというのも、妊婦さんの時の同じ理由です。赤ちゃんは純粋無垢なので、死者に狙われやすく、死者に死の世界に連れて行かれてしまうと、言い伝えられてきました。

実際はそんなことないので、これも信じずにいればなんら問題ないのですが、お盆の時期は真夏ですし、赤ちゃんが虫に刺されやすいこともあり、墓地は遠方にあることも多いので、長時間のドライブは実質的難しいものがあると思うので、無理に赤ちゃん連れでお盆の時期にお墓参りに行かなくてもよいとは思います。

ちなみに、中国では、3歳未満の子供は墓地に連れて行かないそうです。

お墓参りの仕方

お墓参りの仕方

生理中もお墓参りをしてはいけない?

生理中は、ケガレタ者とみなされることがあります。なので、お墓参りや寺院仏閣では敬遠されてしまいますし、御霊に対しても、失礼なことである、と言われています。

しかし、これも人それぞれの考え方次第で、お寺のお坊さんでも、生理中でもなんら問題なく参拝してほしいと言う人もいます。お墓参りも失礼に当たらないといっているので、神経質に生理中は行かない、と言わなくても大丈夫だと思います。

ただ、信じている人もいるので、気になる場合は周りに言わないで、参加するといいでしょう。現代においては、墓参りに行かないのが一番失礼なことなので、何ら問題ないと思います。

【お墓の豆知識】お墓のお掃除のやり方

【お墓の豆知識】お墓のお掃除のやり方

最後に

お墓参りは妊婦さんでも問題ない行けるものですが、足場悪いところも多いですし、段差があることも多々あります。なので、お腹が大きくなっている妊婦さんの場合は、転ぶ心配もありますし、真夏なので日射病などになりやすいです。

なので、言い伝えはさておき、真夏のお盆の時期のお墓参りは、控えた方がいいと思います。赤ちゃんが生まれてから、お墓参りに行った方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました