楽しみにしていた海水浴の日に生理と重なってしまった!生理中でも海に入れる?

海水浴
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

 

海水浴の計画を立てて楽しみにしていたのに生理の日と重なってしまった、生理が思ったより早く来てしまって海水浴の日に重なりそう……こうなると、海水浴ができるのか心配ですよね。

小学校のプールなどで生理が重なって見学したことなどを思い出すと、生理と重なってしまったからには海水浴も諦めないといけないのかな……と思ってしまいます。

そこで今回は海水浴の計画と生理が重なってしまった際の対処について、また生理中にそもそも海で遊んでよいのかなどをお話していきます。

海水浴は楽しみだけど生理と重なってしまったらどうしようと悩んでいる方、ぜひ一度チェックしておきましょう!

スポンサーリンク

生理中でも海水浴はタンポンやナプキンを使えば大丈夫?

 

生理になったら基本的に海水浴など水の中に入る遊びはして良いのかどうかという疑問ですが、最初に答えを言うと「タンポンを使えばOK」になります。

なぜタンポンなら良くなるのか、まずはナプキンとタンポンの違いを改めてチェックしながら考えていきましょう。

まず最初にナプキンを使う場合、ナプキンは身体の表面に当てて経血をナプキンに吸い込ませる処理方法ですよね。一方タンポンの場合は体内に挿入して経血を吸収し、経血がそもそも身体の外に出ないようにする仕組みとなっています。

こうして見比べるとなぜタンポンなら大丈夫かという答えは一目瞭然で、経血を身体の外に出さずに吸収して処理できるからなんですね。

ナプキンの場合はそもそも身体の外に出てから経血を吸収する仕組みなので、吸収しやすいナプキンをつけて海に入った場合、ナプキンが水を吸い込みずっしり重くなってしまいます。

もちろんナプキンをつけずに海に入って、入っている最中はまだしも上がった瞬間に経血が一気に出てくるようなことになったら……想像するだけで嫌ですよね。

タンポンの場合は身体の中に入れて使うためそこで経血を吸収するので外に影響せず、また水がうっかりタンポンまで届いて吸収してしまうなんてこともありません。

この知識はママさんにも小さなお子様と一緒にお風呂に入る際などに使えるので、ぜひこの機会に覚えておきましょう!

どうしても海に入りたい!!生理中に海水浴をすることのリスクは?

とはいえそもそも生理中に海水浴をするのは問題ないのか、リスクなどはないのかという部分も気になるところですが、リスクがないわけではもちろんありません。

まず最初に、海水浴は冷たい水につかって遊ぶことになるので、どうしても身体を冷やしてしまうことになるんですね。

生理はやっぱり出血している=身体に負担がかかっているタイミングなので、生理中に海水浴をする際はいつもよりも身体の冷えに注意し、休憩をこまめに入れて身体を暖めることも大切です。

またタンポンは長時間持つタイプもあるものの基本的には3~4時間程度で交換したほうがよく、その際に海水浴をしていると衛生面のリスクもあります。

基本的に海の水が膣の奥まで届くことはありませんが、交換の際に不衛生な手を使ってしまうなどで感染症などのリスクが増えることはあります。

タンポンを交換する際は必ずシャワーやお手洗いなどでしっかり清潔な状態にしておくことが大切なので、特に長時間遊びたい場合には注意しておきましょう!

楽しみにしていた海水浴・・。生理になってしまったことをどうやって伝える?

せっかくの海水浴が生理と重なってしまうと自分でもがっかりですし、一緒に行く相手……例えば彼氏や友達などに伝えるのも悩みますよね。

タンポンを使えばリスクに注意しつつ遊ぶことはできるものの、やっぱり伝えておいたほうが良いのでは、と思ってしまうかもしれません。

伝えるとがっかりされると心配してしまうかもしれませんが、しかし生理であることを伝えずに交換のタイミングが理解されない、なんてこともありえます。

彼氏と二人で行く場合も友達と行く場合も、また家族で行く場合も基本的には正直に伝え、その上で対策をすれば遊べることまで伝えれば大丈夫だと思いますよ!

生理が終わりかけだったら?生理がはじまりそうな日の場合は?

海水浴の予定日が生理とぎりぎり重なるかもしれない場合もやっぱりハラハラしてしまいますが、こういった場合も何が起こってもきちんと対策しておけるように準備しておけば問題ありません。

生理が終わりかけの場合はやっぱり経血が出る可能性があるので、タンポンは忘れないように入れておくことも大切です。

またはじまりそうな場合、もしかしたら来るかも知れない場合は、事前にトイレやシャワーなど清潔にできる場所を把握し、タンポンを用意しておくなどですね。

2日目など特に重い日でない場合は体調面なども問題ないと感じているかもしれませんが、やはり身体の冷えなどには注意しておくと安心です。

まとめ

せっかく楽しい海水浴の予定と生理が重なってしまうと本当にがっかりしてしまいますが、こればかりは生理がずれてしまうこともあり、仕方がないんですよね。

タンポンを使うなどきちんと対策すれば海水浴を諦める必要はありませんので、リスクや対処をきちんと知った上で海水浴を楽しんでいきましょう。

またタンポンは今まで一度も使ったことがないという方も多いと思うので、当日いきなりチャレンジするのではなく、事前に細いタイプで練習しておくことをおすすめします。

これも当日になって慌ててしまわないための生理中の海水浴対策になるので、事前に安心して使えるようになっておき、当日は気兼ねなく楽しめると良いですね!

海水浴
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
みんなの夏休み!

コメント

タイトルとURLをコピーしました